2018年2・3月号
通巻624号

特集予告 古民家を、開く

人口の減少と高齢化の進行により地域の疲弊が大きな問題となり、全国で、地域の振興と活性化に向けた様々な努力と工夫が重ねられてきた。にもかかわらず、地方の衰退と東京一極集中は現在も収まる古民家再生がブームになっている。内閣府は「歴史的資産を活用した観光まちづくり」において古民家を要に位置づけ、地方創生や観光ビジネス拡大の試金石として期待している。篠山など古民家再生のパイオニアを参考に、地域金融との連携を含め、古民家ビジネスをサポートする環境整備が進んでいる。古民家を「ビジネスに開く」潮流だ。こうして、古民家再生がにわかに日の目を見る昨今、ずっと以前から伝統民家に魅せられて、必死に守ろうとしてきた人たちの思いはどうだろうか。
他方、長年、不動産市場から見放され空き家となった古民家が増えている。歳月を刻みどっしりと佇む古民家は、競争社会に弾かれ、あるいはそれに疑問を持った人たちを拒まない。自分探しの若者、家庭に居場所を見いだしにくい子ら、認知症の高齢者と介護する人などの、安らぎの居場所となってきた。古民家には「社会に開く」ポテンシャルがある。
本特集では、「古民家を開く」多様な動きを通して、大切な地域の風景や建物や人のつながりを末長く継承していく道を探りたい。

インタビュー「民家という小宇宙:歴史的位置を超えて」
藤森 照信 東京大学名誉教授、建築家
古民家再生ビジネスと宿の経営
牧野嶋 彩子 人と古民家、まるかやつ建築家
古民家再生と地域金融
石崎 陽之 北陸銀行地域創生部
シェアビレッジ:古民家を地域とともに育む
小池 リリ子 東京大学まちづくり大学院
古民家に隠居して、開く
西村 治久 ギルドハウス十日町
古民家で子育てを応援する食堂
すがい まゆみ くにたち農園の会、つちのこや
古民家を郊外育ちの活動の場に
酒井 洋平 土気NGO
古民家に高齢者を招いて診療
佐藤 伸彦 ものがたり診療所、医師
民家は里山と人に生かされている
奥 敬一 富山大学芸術文化学部准教授、風景学
裏山を手入れすると、古民家も維持される
加瀬澤 文芳 建築家
民家を再生して里山を継承する
安藤 邦廣 蒲「山建築研究所、筑波大学教授
古民家再生の系譜・参考資料
岡部研究室

トップページへ戻る