一般財団法人日本地域開発センター

設立趣意書

 
  現代の文明史的段階において、日本経済発展の支柱となり、国民生活の向上に役立つよう、日本国土の将来図を新しい観点から総合的に、科学的に、かつ国際的視野の元に確立していくことを目的として、われわれは一般財団法人日本地域開発センターを設立することにした。

 一般財団法人日本地域開発センターでは、産業界と学界とが相互の立場を尊重して相提携し、まったく新鮮な観点からこれらの実現に必要な調査研究計画の樹立を行い、これを政府の政策に強力に反映させていくことを当面の目標としている。それによって産業の高度化、生活水準の向上を図り、真に繁栄する社会を築きたいと願っている。

1964年2月
日本地域開発センター役員(発起人)名簿
    会 長 小 林   中 海外技術協力事業団会長
副会長 茅   誠 司 東京大学学長
理 事 芦 原 義 重 関西電力取締役社長
磯 村 英 一 東京都立大学教授
岩 佐 凱 実 富士銀行取締役頭取
上 子 俊 秋 経済評論家
木川田 一 隆 東京電力取締役社長
今 野 源八郎 東京大学教授
東海林 武 雄 旭電化工業取締役会長
高 山 英 華 東京大学教授
丹 下 健 三 東京大学教授
都 留 重 人 一橋大学教授
中 山 素 平 日本興業銀行取締役頭取
二 宮 善 基 東洋曹達工業取締役社長
平 田 敬一郎 日本開発銀行総裁
水 上 達 三 三井物産取締役社長
監事 大野木 克 彦 東京市政調査会常務理事
山 下 靜 一 経済同友会常務幹事

トップページへ戻る